ワーキングホリデー 転職エージェント 転職サイト 転職情報

【オーストラリア編】ワーキングホリデーって就職に不利なの?

ワーキングホリデー終了後必ず考えるのが日本に帰国後のこと。

 

就職できるのだろうか?ワーキングホリデーに行ったほとんどの人が抱える問題です。

 

企業側の捉え方かもしれませんが、決してマイナスだけのことではないと思います。

 

ワーキングホリデーでしてきた経験であなたの将来が決まります。

 

この記事ではワーキングホリデー後の就職はどうしたらいいか?について解説していきたいと思います。

 

 

私もオーストラリアのワーキングホリデーを経験。帰国後は日本で就職活動をしました。

 

私の場合ワーキングホリデー後は英語がある程度は話せていたので就職活動に不利だったかといえばそうではなかったと思います。

 

 

 

ワーキングホリデーって就職に不利なの?

 

ワーキングホリデーが終わり日本へ帰国する人のほとんどの人が心配になるのが就職のことだと思います。企業によっては『ワーキングホリデーって遊びじゃないの』っていう固定観念を持った人もいます。それで面接で嫌な思いをすることもあります。

 

ですが、就職に不利になるか、ならないかは自分がどんなワーキングホリデーを過ごしてきたかで決まると思います。中途半端に過ごしていた人は帰国後はきつくなるだろうし、計画的に進めてきた人は帰国後に良い企業に就職できたりします。

 

 

 

ワーキングホリデーのメリット

 

ワーキングホリデーに行くことには人生でなかなかできない経験をさせてもらえます。少しですがワーキングホリデーのメリットを解説していきます。

 

 

海外での就労経験ができる

 

人生で海外で就労できることって本当に貴重な経験だと思います。そんな貴重な体験ができるのはワーキングホリデーだけだと思います。海外では就労ビザを取るのは本当に至難の技に等しいからです。他の国に人に混じって就労することは人生の宝物になると思います。

 

英語が習得できる

 

英語の圏のワーキングホリデーに行くと英語の習得がマストになります。ある程度英語が話せなければ働くことが難しいと思います。まずは英語の習得に全力で臨みましょう。帰国前後にTOEICを取っておくと企業からの見方もプラスになると思います。 

 

 

 

ワーキングホリデーのデメリット

 

ワーキングホリデーのメリットもあれば必ずデメリットもあります。それではデメリットを解説していきます。

 

帰国後の就職がむずかしくなるかも

 

ワーキングホリデーの過ごし方で日本へ帰国後の就職がむずかしくなるかもしれません。フルーツのピッキングや日本食レストランだけの就労では企業は海外の就労経験とは認めてくれません。インターンやボランティアでもいいので会社や機関で働くことが大切です。

 

ワーキングホリデー=留学ではない

 

『ワーキングホリデー=留学ではない』というのが企業側の見方です。ですので、自分は海外で働いていたという経験を必ずしてください。専門学校に入るとか、インターンをしたとか、何かしらの業務に携わって少しでも専門知識を得て帰ってきてください。

 

 

ワーキングホリデー後日本で就職する方法

 

オーストラリアの場合でいうと沢山のインターンやボランティアをするチャンスがあるので、そこで少しでもいいので働かせてもらってください。いつまでもフルーツピッキングや日本食レストランでのバイトはおすすめしません。現地の会社や機関でも経験を優先してください。

 

 

さいごに

 

ワーキングホリデーは人生の若い時にしかできない経験です。ですが、裏を返すと帰国後に就職に不利になったり、思うような企業で働けないことがあるかもしれません。ですが、現地の会社や機関での経験を積むことができれば、帰国後も優位に就職できるかもしれません。大切なことはワーキングホリデー前に目標と帰国後のことも考えてワーキングホリデーに向かうことです。

-ワーキングホリデー, 転職エージェント, 転職サイト, 転職情報

Copyright© manekineko , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.