PATRICK(パトリック)

【保存版】パトリックスニーカーの評判

見た目はシャープなシルエット、履き心地も最高級!

 

一度履いたら絶対好きになるスニーカー

 

そんな評価を総ナメにしているブランドそれがPATRICK(パトリック)です。

 

有名スニーカーショップに必ずと言ってよいくらいに陳列されているパトリック。

 

どんなブランド?履き心地は?など質問したいことがたくさん出てきます。

 

スニーカーショップの店員さんにも色々聞いてみたいことがあるけど、もし買わないなら店員さんに悪いしと思っている。

 

そんなあなた! この記事で解消します。

 

『スニーカーを新調しよう』と思っているそんなあなたにパトリックのスニーカーはおすすめです。

 

その理由を今から話していきます。

 

 

PATRICK(パトリック)とは?

 

パトリックの歴史は古く1892年まで遡ります。パトリックはフランスの西部プソージュ村のパトリックさんが靴作りを始めたのがパトリックの始まりです。

 

その当時サッカーが盛んだったこともあり、サッカーシューズを作り始めました。

 

サッカーファンの方ならご存知だと思いますが、あの将軍ミシェルプラティニを愛用していました。

 

サッカーのスパイクでは独特のカラーリングと革の差材の良さで多くのサッカープレイヤーを支えてきました。

 

Jリーガーでも愛用していた人は多かったと思います。

 

昭和、平成とパトリックのスパイクはサッカーをしている全員にインパクトを残しています。

 

とくに印象的だったスパイクは、JPPと呼ばれるスパイクでした。

 

その当時では珍しいイエローの二本ライン。

 

かっこよさが半端ないと、中学生や高校生からの人気を総ナメにしました。

 

それだけパトリックは私たちの心に残っています。

 

その印象を受け継いで作られているスニーカーに期待が集まるのは自然なことだと思います。

 

JPP

JPP

出典:大人が懐かしむ昭和のサッカースパイク

パトリックが人気な理由

 

パトリックのスニーカーが人気の理由を挙げていきたいと思います。

 

ネットなどでよく取り上げられていることを中心に解説していきます。

 

パトリックは二本ライン

 

どのブランドにもマーク一つのそのブランドを象徴するマークが存在します。ナイキならスウォッシュ、アディダスなら三本ラインなどが代表的だと思います。

 

パトリックは2本のラインを採用しています。サイドに2本のラインが流れています。そのマークが何を表しているのかは不明ですが、シンプルでインパクトの残るマークだと思います。

 

そして、フランスのブランドだということを示す、トリコロール。

 

このトリコロールには私たちも惹きつける魅力が詰まっています。

 

 

2本のラインとトリコロールはパトリックのブランドイメージを作っていると言っていいと思います。

 

なんだかトリコロールを見ていると高級なイメージをするのはわたしだけでしょうか‥・

 

 

 

 

実は日本製

 

驚いたことにパトリックのスニーカーは全て日本で作られています。

 

兵庫県淡路島の工場で作られています。

 

現代では労働賃金の安い東南アジアを中心にスニーカー作りはさせていますが、日本でつくらていることは大きな魅力になっています。

 

日本の職人の丁寧な縫製は世界でも高い評価をもらっていて、日本製のスニーカーを履く意味は大きと思います。

 

 

カラーリング

 

縫製は日本式、でもカラーリングはフランス式。

 

日本人では想像もできないカラーリングをしてくれるのがパトリックの強みです。

 

日本人のカラーリングは少し落ち着いたカラーを選ぶ傾向にあります。

 

ですがフランス人のカラーリングは本当に色鮮やかな使い方をします。

 

そんなフランス式カラーリングがパトリックをワクワクさせてくれる要因になっています。

 

オレンジ、イエローなどの蛍光色も組み合わせて類を見ないスニーカーに仕上がっています。

 

そんなカラーリングはパトリックしかできない荒技です。

 

 

パトリックの履き心地は?

 

パトリックのソールは厚めのソールと薄めのソールがあります。

 

厚めのソールの代表作はマラソンです。

 

ソールがカラフルで足元のファッションに心強い一足です。

 

厚めのソールの特徴は長時間歩いても疲れにくく、インソールのクッション性を良いことです。

 

一方、薄めのソールはシャープなイメージのパトリックを演出し、スタイリッシュにキメてくれます。

 

キレイ目の服装にバッチリで、デートには最高の一足です。

 

代表的なモデルは、シュリーです。スタイリッシュなボディに、薄めのソールとのコンビネーションは抜群です。

 

薄めのソールなので、ドライビングシューズとしても使えると思います。

 

厚めのソールと薄めのソールのどちらも履く目的を理解して履くと一段とおしゃれなあなたを演出してくれます。

 

 

パトリックはどこで買えるの?

 

パトリックについて色々と書いてきましたが、実際パトリックのスニーカーはどこで買えるのか解説していきたいと思います。

 

品揃えが抜群の直営店

 

パトリックは取扱店がたくさんありますが、品揃えなら直営店が良いと思います。

 

直営店の紹介

 

関東

 

PATRICK LABO 小田急ハルク

 

東京都新宿区西新宿1-1-3
小田急百貨店 新宿店ハルクB1

TEL 03-6258-1590

OPEN 10:00 ~ 20:30 ※日・祝日10:00 ~ 20:00

 

 

PATRICK LABO 池袋

 

東京都豊島区東池袋3-1-2
サンシャインシティ・アルパ1F

TEL 03-6709-0500

OPEN 10:00 ~ 20:00

 

PATRICK LABO 日本橋

 

〒103-6105東京都中央区日本橋2-5-1「日本橋髙島屋S.C.」新館5階

TEL 03-6262-6388

OPEN 10:30 – 20:00

 

 

 

PATRICK LABO みなとみらい

 

220−0012
神奈川県横浜市西区
みなとみらい3丁目5−1
「MARK IS みなとみらい」2階

TEL 045-264-8800

OPEN 【月~木】10:00~20:00 【金~日・祝・祝前日】10:00~21:00

 

 

 

 

 

PATRICK LABO 吉祥寺

 

180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-15-1 FUJIKAWA BLDG. 1F

TEL 0422-27-6937

OPEN 11:00 ~ 20:00 ※土日祝11:00 ~ 19:00

 

 

 

PATRICK LABO 銀座

 

104-0061
東京都中央区銀座1-21-5銀座JKビル1F

TEL 03-6228-6500

OPEN 11:00 ~ 20:00 ※土日祝11:00 ~ 19:00

 

 

関西

 

PATRICK LABO 梅田

 

〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20
「グランフロント大阪 南館」4階

TEL 06-6467-8330

OPEN 10:00~21:00

 

 

 

PATRICK LABO なんば

 

556-0011
大阪市浪速区難波中2-10-70
なんばパークスT-terrace 2F

TEL 06-6616-9581

OPEN 11:00 ~ 21:00

 

 

 

PATRICK LABO 神戸

 

651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通5丁目1-20

TEL 078-855-3012

OPEN 11:00 ~ 20:00

 

 

全てもモデルの販売はオンラインショップだけ

 

近くパトリックラボが無くてどこで買うのがいいのか迷う方はオンラインショップがおすすめです。

 

オンラインショップなら在庫切れで二度手間や時間を無駄にすることはありませんし、在庫も簡単にわかります。

-PATRICK(パトリック)

Copyright© manekineko , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.